ひろざわだいきblog

ひろざわだいきblog

主に上場企業の決算などから、事業内容、業績、ビジネスモデルの勉強を目的に発信しています。 最近は、リユース事業に感心を持っています。リユース事業のビジネスモデルや、市場規模の大きな領域について調べています。

中古車オークションでシェア40%超え!時価総額7,000億円の中古車オークションサービス「USS」

今年8月、時価総額7,000億円を超える中古車オークションサービス「USS(ユーエスエス)」が、業界3位を子会社にし、シェアを41%まで伸ばしました。

昨年から、自動車、アフターマーケット市場について関心があり調べているので、下記も是非見て頂ければと思います!

▼過去記事

・USSなど、オートオークションを上手く活用しているサービスです!

中古車買取の「ガリバー」の事業モデル-利益率3倍のC向け(小売)サービスへ-

・USS事業について紹介しています!

国内No1のシェア、年間出品台数235万台の中古車オークションを運営するUSSのビジネスモデル

USS(ユーエスエス)の2018年3月期決算概要

2018年3月期第2四半期の業績

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123155916p:plain

売上:348億円

粗利:210億円

営利:170億円

となっています。

粗利率は60.5%、営利率は48.9%となっています。

セグメント別の売上、営業利益

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123160646p:plain

売上の構成は

オートオークション:271億円

中古自動車等売買販売:47億円

となっています。

また、営業利益の60%はオートオークション事業から出ています。

オークションや、中古車販売を行う、USS(ユーエスエス)のビジネスモデルおさらい

USSのビジネスモデル−オークション、中古車買取、リサイクル事業−

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123161744p:plain

USSは、事業の中心をオートオークションに置いています。

ただ、ラビットでエンドユーザーに対して中古車の販売を行ったり、アビヅでは自動車のリサイクルや処分を行っています。

USSの収益基盤オークション事業を支える「出品数」と「成約率」

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123162207p:plain

上記のように、オークションへの中古車供給台数は新車、中古車登録台数に連動するそうです。

また、オークション事業が根幹なので、「出品数」と「成約率」が重要数値になります。

今年8月には、業界3位のJAAの株式を66.04%取得し、子会社にしました。

JAA買収により、業界全体でのシェアは41%となりました。

また、JAAは近畿を中心に力をもったオークション事業を展開していたため、この子会社化によって、USSの近畿シェアは14.2%から48.5%へと大幅に拡大しました。

取引量の多い大規模オークション会場に、出品が集まる傾向があるとのことから、近畿でのシェア拡大が競争力強化に繋がるそうです。

3位以下を引き離す、オークション市場での圧倒的シェア

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123163108p:plain

USSの市場シェアは、年々拡大し、今回のJAA子会社化によって、グループ全体でのシェアは41.4%に達しています。

USS(ユーエスエス)の事業数値一覧

スタンダードな会員プランには、47,111社が加盟

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123165322p:plain

USSは、基本的には会員のみがDBにアクセスし、現在どんな中古車が流通しているのかを閲覧できます。

プランにもよりますが、月額約1万円からスタートしているので、年間契約で最低でも10万円以上は必要になります。

この、現車会員には現在47,111社が加盟しています。

USSは、1台で約3%の手数料収益を得ている

f:id:daikihirozawagmailcom:20171123164304p:plain

2017.3月期では、

出品台数:235万台(月あたり19.5万台)

成約台数:150万台(月あたり12.5万台)

成約率:64.1%

となっています。

また、1台あたりの成約手数料平均は、

出品手数料:5,326円

成約手数料:8,072円

落札手数料:11,922円

となっています。

USS東京での、1台当たり平均成約金額が86.2万円なので、これをもとに手数料率を計算すると、

出品手数料率:0.6%

成約手数料率:0.9%

落札手数料率:1.3%

となります。

1台当たりでの手数料率は、2.9%をUSSが得ていることになります。

まとめ・さいごに

事業数字は大幅に成長していないものの、1社でのシェアが非常に高くなっているのが気になる領域です!

自動車売買のCtoCサービスや、関連領域のスタートアップにも関心があるので、知っている会社などあれば、是非教えて頂けると嬉しいです!

また、「自動車アフターマーケットを研究する会」というFacebookグループも運営しているので、是非参加して下さい!

 

Slackへの投資でも知られるベンチャーキャピタル「Social Capital」まとめ

ファンドサイズやどのステージに主に出資しているのかをあまり知らなかったので、調べて整理してみました。

設立から、約6年ほどのSocial Capitalの概要を記載しています。

 

※2017年10月28日 Chamath Palihapitiya氏、Mamoon Hamid氏のプロフィールを追記しました。

 

Social Capitalとは?

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001114612p:plain

2011年に設立され、合計$1.21Bのファンドを運営している、米国のベンチャーキャピタル

代表的な投資先には、2012年にMicrosoftに買収された「Yammer」、最近$5Bの評価額で資金調達中と話題になったSlackなどがある。

Announced Name Amount
Feb 27, 2015 Social Capital Partnership III, L.P. $500M
Aug 2, 2011 Social Capital Partnership, L.P. $275M
Mar 31, 2015 Social Capital Partnership Opportunities Fund, L.P. $150M
Jan 31, 2012 The Social+Capital Partnership II, L.P. $280M

※Social Capitalのファンド

Social Capitalの投資実績

crunchbaseによると、設立から約6年ほどで、Social Capitalの投資先は、1社がIPOし、19社が買収されている。

 

No   社名 エグジット先
1 August 15, 2017 Hello Scout Inc. Luxico
2 July 21, 2016 Coolan Salesforce
3 December 11, 2015 Orange Chef Yummly
4 October 22, 2015 SecondMarket NASDAQ
5 August 21, 2015 Bityota LifeLock
6 April 20, 2015 Lema21 eÓtica
7 February 19, 2015 UClass Renaissance Learning
8 Jan 23, 2015 Box IPO/ NYSE
9 January 21, 2015 CloudOn Dropbox
10 December 17, 2014 Scan Snap Inc.
11 November 19, 2014 Relay Kik
12 November 11, 2014 Breakthrough Behavioral MDLIVE
13 October 3, 2014 MessageMe Yahoo
14 July 30, 2014 Gyft First Data Corporation
15 June 3, 2014 InstaEDU Chegg
16 January 16, 2014 Impermium Google
17 December 12, 2013 Lemon LifeLock
18 May 14, 2013 Wheelz Turo
19 March 15, 2013 Lore Noodle
20 June 25, 2012 Yammer Microsoft

IPO/ EXITしたSocial Capitalの投資先

Social Capitalの主要ポートフォリオ

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112005p:plain

Jobs - Social Capital

Social Capitalの求人ページに記載している6社をここでは取り上げる。

-INTERCOM

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112214p:plain

「ユーザーとの統合型コミュニケーションツール」

コードを埋め込むと、Webサイト上にチャットウィジェットを組み込めたり、ユーザーのサイト上での動きをリアルタイムで把握したり、最後にサイトへアクセスした日時やユーザーが使っているOSは何かという顧客情報を管理できるサービス

▼分かりやすい記事

http://thebridge.jp/2015/09/describing-a-service-intercom-webinar

-WEALTHFRONT

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112503p:plain

ロボアドバイザーサービス

2011年12月に創業し、米国ではシェアトップくらすのサービス。

運用は、下記のような著名人がアドバイザーをしているそう。

CIO(Chief Investment Officer):「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者のバートン・マルキール

アドバイザー:「敗者のゲーム」著者のチャールズ・エリス

▼分かりやすい記事

http://fintech.hatenablog.jp/entry/2015/12/15/163029

-PROPELLER HEALTH

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112803p:plain

吸入器にBluetoothやセンサーチップを搭載した新たな吸入器デバイスを開発している。

患者が発作を起こして吸入器の吸引をおこなうと同時に、データを自動記録する。

▼分かりやすい記事

http://www.at-weblog.com/2014/09/Inhaler-devices-Propeller-Health.identify-the-cause-and-relief-of-symptoms-of-asthma.html

https://healthtechnews.jp/2014/05/13/new-propeller-sensor-for-metered-dose-inhalers-gets-fda-green-light/

-SLACK

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112847p:plain

-REMIND

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001112931p:plain

Remindはデジタル教育分野(Edtech)のスタートアップ

20169月時点でアメリカの公立学校の50%以上がRemindを利用、MAU2,000万以上

▼分かりやすい記事

https://ferret-plus.com/6481

-SAILDRONE

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001113210p:plain

海洋向けドローンの提供

風力を動力としたドローンで、海の上のあらゆるデータを取得する。

Social Capital創業者のChamath Palihapitiya氏

スリランカで生まれ、その後家族でカナダへ移住。

その後、学生時代にはバーガーキングでのアルバイト経験もあるChamath Palihapitiya氏の、簡単な経歴を、LinkedInとWikipediaからまとめた。

西暦 年齢  
1976 0 Sri Lankaで生まれる
1977 1  
1978 2  
1979 3  
1980 4  
1981 5  
1982 6 カナダへ家族で移住
1983 7  
1984 8  
1985 9  
1986 10  
1987 11  
1988 12  
1989 13  
1990 14  
1991 15  
1992 16  
1993 17  
1994 18 University of Waterloo入学
1995 19  
1996 20  
1997 21  
1998 22  
1999 23 University of Waterloo学位取得
Associate - Interest Rate Derivatives Group
デリバティブのトレーダー
2000 24 カリフォルニアに移住
Winamp and Spinner.com(この会社が翌年AOLに買収される)
2001 25 AOL
エンターテイメントサービスに関する領域を担当
2002 26 AOL
2003 27 AOL
2004 28 AOL
the head of AOL's instant messaging division
2005 29 AOL
2006 30 Mayfield Fund
コンシューマインターネットとゲームに投資
2007 31 Facebook VP
2008 32 Facebook VP/ User Glowth
2009 33  
2010 34  
2011 35 Facebook退職
The Social+Capital Partnership設立
Social Capital Partnership, L.P. $275M
Yammer出資
2012 36 1月 The Social+Capital Partnership II, L.P. $280M
6月 YammerがMicrosoftから買収される
7月 Boxへ出資
2013 37  
2014 38  
2015 39 3月 Social Capital Partnership Opportunities Fund, L.P. $150M
8月 Social Capital Partnership III, L.P. $500M
2016 40  
2017 41  

 

※このインタビューは彼の生い立ちがわかるもので、非常に面白かったです。

www.nytimes.com

 

Social Capital創業者のMamoon Hamid氏

2017年にKleiner Perkinsへの移籍を発表したことでも話題になったMamoon Hamid氏。

人生初のVCオフィス訪問が26歳の頃、Kleiner Perkinsだったそう。

西暦 年齢  
1995 17 Purdue University BS
Deutsche Bank(7ヶ月)
1996 18  
1997 19 Purdue University BS 卒業
当時はアメリカとドイツの2重国籍
Xilinx Application Engineer
1998 20 Stanford University MS, Management Science & Engineering
Xilinx System Architect
1999 21  
2000 22 Stanford University修士 修了
2001 23  
2002 24 Xilinx Senior Manager, Strategic Marketing
2003 25 Harvard Business School MBA
入試論文は、John Doerrのようなベンチャーキャピタリストロールモデルとした
2004 26 Harvard Business School MBA
初のVCオフィス訪問 Kleiner Perkins
2005 27 Harvard Business School MBA
U.S. Venture Partners Associate
2006 28 Kauffman Fellows Program
2007 29  
2008 30 Kauffman Fellows Program 終了
U.S. Venture Partners Principal
2009 31  
2010 32 U.S. Venture Partners Partner
2011 33 The Social+Capital Partnership設立
Social Capital Partnership, L.P. $275M
Yammer出資
2012 34 1月 The Social+Capital Partnership II, L.P. $280M
6月 YammerがMicrosoftから買収される
7月 Boxへ出資
2013 35  
2014 36  
2015 37 3月 Social Capital Partnership Opportunities Fund, L.P. $150M
8月 Social Capital Partnership III, L.P. $500M
2016 38  
2017 39 Kleiner Perkins Partner and Managing Member

 

Social Capitalの投資先

Social Capitalの投資件数

投資年 件数 Round 件数 Lead件数
2017 32 Angel 1  
2016 42 Seed 76 13
2015 39 Series A 60 32
2014 38 Series B 31 8
2013 40 Series C 26 6
2012 27 Series D 7 1
2011 7 Series E 4 1
2010 1 Series F 1  
    未分類 12 2

crunchbaseに掲載されている投資先を数えたところ、件数としてはシードでの出資がもっとも多かった。

件数では、シードが多いが、リードでの出資は、シリーズAでの出資が最も多くなっている。

Social CapitalからSlackへの投資について

        Round Partner(s)
2014/05 Slack $42.75M / Series C (Lead) $42.75M Series C (Lead) Mamoon Hamid
2014/10 Slack $120M / Series D $120M Series D Mamoon Hamid
2015/04 Slack $160M / Series E (Lead) $160M Series E (Lead) Mamoon Hamid
2016/04 Slack $200M / Series F $200M Series F Mamoon Hamid

Slackへの出資は、2014年シリーズCから始まり、その後継続的にフォローオンしている。シリーズCでリードをとった後、シリーズEの調達額が約4倍ほどとなったラウンドでもリードで出資をしている。

 

Social Capitalに関する日本語記事

Social CapitalのDDについて

玉井和佐さんという方が、Social CapitalのパートナーJonathan Hsu氏がmediumに投稿した記事を翻訳し、noteにて発信してくださっています。

2017年8月に話題になったSocial Capitalの上場スキームについて

こちらは有料記事となっていますが、オススメです!

ベンチャーキャピタルなのに上場?SlackやBoxにも投資したソーシャル・キャピタルと無事業で上場する「SPAC」と | Stockclip

Social Capitalの投資実績など、概要をまとめている記事

Social Capital – 海外VCリサーチ – Medium

@vc_researchさんが更新している、投資先の一言メモ

https://twitter.com/vc_research/status/829679234469621760

おまけ 

 

f:id:daikihirozawagmailcom:20171001211743p:plain

Social Capitalのコーポレートサイトの「ANALYTICS」には、CSVファイルをアップロードすると、様々なグラフが表示され、分析を助けてくれるそうです。

興味がある方は使用してみて下さい。

 

さいごに

海外のベンチャーキャピタルについても知らないことがまだまだ多く、リサーチをしていきたいと思います。

TwitterFacebookも更新しているので、是非フォローして頂けると嬉しいです!

Facebook廣澤 太紀

Twitterひろざわだいき@HirozawaDaiki

twitter.com

バングラデシュスタートアップまとめ-歴史・人口・スタートアップ・企業情報-

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813204526p:plain

2017年5月の頭に1週間ほどバングラデシュに行ってきました。

事前に調べていたバングラデシュの歴史や携帯電話の普及状況、現地の方々に聞いた注目されているスタートアップについてのメモを少し公開します!

 1.バングラデシュ歴史、人口など国の概要

バングラデシュ-親日国の理由と独立の背景-

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813170922p:plain

バングラデシュは1971年に独立しています。

かつては、インド、バングラデシュパキスタンはイギリスの植民地でした。

1947年、ヒンドゥー教イスラム教の2つの宗教を基に、インドとパキスタンに分かれ、当時のパキスタンは、東パキスタン(現バングラデシュ)と西パキスタンを総称するものでした。

政権の中心だった西パキスタンは、東と西の公用語の統一を図り、西パキスタンにて多く話されていた言語を公用語として採用しようとしました。

しかし、それに対して、東パキスタンでは、ベンガル語を話す人たちが反発しました。

これをきっかけに、東パキスタン自治権を主張する活動が活発になり、1971年の独立戦争へと続きます。

そして、西パキスタンはインド軍の支援も受け、独立を果たしました。

日本は、バングラデシュの独立を米、中等に先駆けて認め、またその後の一貫した経済協力を行いました。こういった経緯もあり、バングラデシュ親日国としても知られています。

長期にわたり期待される人口ボーナス、経済成長が期待される国

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813171134p:plain

引用:www.populationpyramid.net

バングラデシュの人口は約1.6億人と言われています。この中で、15-29歳の人口は約3,000万人、30-39歳の人口は約2,600万人と言われています。さらに、2050年には人口が2億人を超えると言われています。

日本と比べると、日本の人口は約1.2億人、15-29歳の人口は約1,200万人です。そして、2050年には1億ちょっとまで人口は減少すると言われています。

バングラデシュは、労働人口という点では、高いポテンシャルがある国です。

また、人口ボーナスが続く国は、イスラム圏に多くなると言われており、その足がかりとしても親日国であるバングラデシュは非常に魅力的な国です。

外資資本が入っているエリア

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813170744p:plain

バングラデシュで、外資系企業が多く、またIT企業が集積している地域がグルシャン、ボナニ地区です。特に、インターネット企業などはボナニ地区に集積しているとのことでした。

現地視察に行く方は、このあたりに宿泊施設をとるのをおすすめします。

(※私はオールドダッカと呼ばれるエリアにホテルをとったため、片道車で1時間近く移動していました…)

GDP、1人あたりGDP

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813171630p:plain

引用:https://goo.gl/JBsNVp

外務省のバングラデシュ基礎データによると2015年の実質GDPは1,566億ドル、2016年の1人あたりGDPだと1,385ドルです。

内訳は、サービス業(53.1%)、工業・建設業(31.5%)、農林水産業(15.4%)となっています。

また、経済成長率は7.11%です。

 2.バングラデシュの携帯普及率、インターネット人口、スマホ普及率

携帯普及台数、インターネット契約数

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813171931p:plain

引用:バングラデシュ(詳細) | バングラデシュ(目次) | 国別に見る | 世界情報通信事情

バングラデシュでは、携帯電話は普及しており、2017年2月時点では携帯電話の加入者総数は、約1.3億です。単純計算ですが、人口に対して約80%が普及しています。

後述しますが、海外資本が入った通信事業者がシェアの多くを占めています。

また、インターネットの契約数は、2017年2月約6,700万件です。

3.バングラデシュの携帯キャリア大手

バングラデシュの3大キャリア

・grameenphone

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813172115p:plain

契約件数が5,900万件に及ぶ、バングラデシュ最大の通信会社。

1997年に以来、バングラデシュ内にてインターネットインフラへの設備投資を実施し、現在は国内シェアNo1の通信事業者となっています。

様々な国の通信事業にも関わるTelenorとグラミン銀行創業者ムハマド・ユヌス氏が設立したGrameen Telecomとのジョイント・ベンチャーです。 

・robi

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813172238p:plain

契約件数3,500万件の、国内シェア2位の通信会社。

国内大手のAirtelと合併し、現在はrobiとして国内シェア2位となっています。

日本から、NTTドコモが出資をしていて、現在は約7%の株式を保有しています。

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813172344p:plain

契約件数3,100万件の、国内シェア3位の通信会社。

4.バングラデシュのスタートアップ

■ 国内最大級のバングラデシュ「ITサービス」

bKash

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813172515p:plain

バングラデシュに2400万以上のユーザーがいて、加盟店舗は3万以上、月間のトランザクションは750万ドルを超える。初期は送金サービスだったが、現在は店舗決済やプリペイド式の携帯端末に入金する機能、回収代行など幅広く提供。

また、シリアルアントレプレナーによる創業で、1社目はバングラデシュ版Craigslist「Ekhanei.com」をExit経験がある。

Ekhanei.comは、最大のGrameenphoneによって出資を受けていたor子会社としてスタート。その後、Grameenphoneの株式を55.8%保有するTelenorという通信会社によって買収された。現在は事業を停止している。

 

参考:https://globalpaymentsummit.com/bkash-bangladesh-24-million-customers-using-mobile-money/

説明資料:http://southasiainstitute.harvard.edu/website/wp-content/uploads/2014/08/Session-II-Huda-bKash.pdf

・bikroy

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813172633p:plain

バングラデシュ版Craigslist「bikyoy」

Facebookページは300万いいね以上。現在はバングラデシュで、最もユーザーの多いクラシファイドサービス。

元々は、Saltsideスウェーデンの会社が開発したサービス。リリース後は、現地で任された人によって100%運営されている。

2015年からFacebookと連携して「Internet.org」を通して、無料でブラウジング出来るようになっている。

バングラデシュの「EC/フードデリバリー」サービス

・HungryNaki

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813174035p:plain

Foodpandの競合

外部資本が入っていないが、創業メンバーがバングラデシュ有数の富裕層。

http://www.hungrynaki.com/

https://www.crunchbase.com/organization/hungrynaki#/entity

・ChalDal

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813174110p:plain

Y Combinatorから調達する数少ないバングラデシュの企業

https://chaldal.com/

https://www.crunchbase.com/organization/chaldal#/entity

・pickaboo

EC

pickaboo.com

https://www.pickaboo.com/

https://www.crunchbase.com/organization/pickaboo-com#/entity

・AjkerDeal

EC

https://ajkerdeal.com/

https://www.crunchbase.com/organization/ajkerdeal#/entity

・backpackbang

https://backpackbang.com/

・Pathao

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813174154p:plain

2015年にシード調達

バングラデシュ版ゴジェック

バイク便事業+相乗りサービスを提供

https://pathao.com/

https://www.crunchbase.com/organization/pathao#/entity

掲載:https://www.techinasia.com/pathao-go-jek-bangladesh

バングラデシュの「移動、物流」に関するサービス

・Chalo Technologies Ltd

バングラデシュUber、エンジェル、VCからシード調達済み

Facebookページは22万いいねを集める。

http://chalox.com/

https://www.crunchbase.com/organization/chalo#/entity

 

バングラデシュの「決済」に関するサービス

・Hishab

f:id:daikihirozawagmailcom:20170813174640p:plain

IMJから資金調達

http://hishab.co/

https://www.crunchbase.com/organization/hishab-ltd

・CloudWell

2Mドルの調達済み。電子決済を可能にするシステムの導入、機械を提供している。

https://www.crunchbase.com/organization/cloudwell#/entity

バングラデシュ在住の日本人による創業企業

dam.com.bd

EC事業を展開

創業期は各店舗の商品の価格を比較出来るサービスを展開していたが、注文したいというニーズからEC事業へ参入。

https://dam.com.bd/

・Bit Makers

ウエディング/ EC/ 新卒採用事業を展開

ウエディングでの必要な情報を集めた、Biyebariでは結婚式に必要な料理、衣装の予約などが全て1つのサイトで揃う。

http://bitmakers-bd.com/

・Venturas Ltd.

教育事業を展開

教師向けのSaaS、PODOKKHEP(http://podokkhep.com)は生徒それぞれの学習進捗を管理するサービスなどを展開。

http://www.venturas-bd.com/

■その他

・Belancer.com

クラウドソーシングサービス

https://www.crunchbase.com/organization/belancer-com#/entity

 

おまけ

 宿泊したホテルの近くの動画をアップロードしました。

オールドダッカと呼ばれる場所だそうです。

mixiのプレスリリースから読み解く、SNSサービスの機能とユーザー数~プレスリリース2年分まとめ~

プレスリリースから学べることが多いんじゃないかと、今回はmixiSNSサービスについて見てみました。

国内最大級のSNSサービス「mixi」が、どのように立ち上がったか、リリースされた2004年から2年間を6ヶ月毎に区切って、実装されていた機能や、主要数字を紹介します。

本文中に挿入している、機能とプレスリリースの内容をスプレッドシートにまとめてるので、もしほしいという方がいたらご連絡下さい!

 

※一部内容を修正しました。

 

2年間で300万ユーザー、華麗な「mixi」の成長

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211233934p:plain

グラフで見るユーザー数の推移

mixiのユーザー数をグラフにすると、驚くほどにキレイな曲線でした。

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211210549p:plain

月次ユーザー数の推移

ユーザー数(月初)の推移を、箇条書きしました。

▼2004

3 600

4 4,300

5 10,000

6 21,000

7 36,000

8 56,000

9 81,000

10 118,000

11 157,000

12 207,000

▼2005

1 257,000

2 328,000

3 402,000

4 494,000

5 588,000

6 708,000

7 843,000

8 1,000,000

9 1,168,000

10 1,379,000

11 1,654,000

12 1,948,000

▼2006

6 2,238,000

2 2,626,000

3 3,003,000

対前月、ユーザー増加率の推移

対前月の増加率の推移を、箇条書きしました。

6ヶ月毎にユーザー数増加率の平均をとると、下記のようになりました。

  • 2004年3月から2004年9月→171.81%
  • 2004年10月から2005年3月→30.82%
  • 2005年4月から2005年9月→19.47%
  • 2005年10月から2006年3月→17.06%

▼2004

3

4 616.67%

5 132.56%

6 110.00%

7 71.43%

8 55.56%

9 44.64%

10 45.68%

11 33.05%

12 31.85%

▼2005

1 24.15%

2 27.63%

3 22.56%

4 22.89%

5 19.03%

6 20.41%

7 19.07%

8 18.62%

9 16.80%

10 18.07%

11 19.94%

12 17.78%

▼2006

6 14.89%

2 17.34%

3 14.36%

最初からユーザー数目標、ビジネスモデルまで記載していた!−2004年3月から2004年9月まで−

サービス公開!ユーザー数、ビジネスモデルの想定まで記載されたプレスリリース

この期間で一番印象的だったのは、サービス公開のプレスリリースから、半年間のユーザー数目標や、ビジネスモデルの想定まで記載していたことです。

その他には当時実装されていた機能も、シンプルに記載されていました。

ちなみに「mixiバイル」では、「足あと」機能が携帯から閲覧可能になっています。

リリース直後に実装されていた機能

サービスが開始したタイミングでは下記の機能が実装されていました。

 

  • 『招待』による参加のみを認めるソーシャル・ネットワーキングサイト(無料)
  • 独自の日記機能『mixi日記』
  • mixi』上で既存のblog/日記の公開が可能
  • mixi』上で既存のblog/日記の公開が可能
  • メールサービスの充実。新着ユーザーのお知らせ、誕生日ユーザーのお知らせ等のメルマガを配付

リリースして2週間ほどで、3つの機能が追加されました。

 

  • 携帯電話から日記と写真が更新できる機能を追加
  • 日記(タイトル、本文、写真3枚まで)の更新
  • プロフィール写真(3枚まで)のアップ

 

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211220024p:plain

 この時期のプレスリリース

https://mixi.co.jp/press/2004/0303/15811/
https://mixi.co.jp/press/2004/0316/15810/
https://mixi.co.jp/press/2004/0408/15808/
https://mixi.co.jp/press/2004/0726/15802/
https://mixi.co.jp/press/2004/0921/15798/

有料課金「mixiプレミアム」開始!1,000万PV/日を超えるmixi−2004年10月から2005年3月まで−

リリース8ヶ月目には、月間2.5億PVを突破

プレスリリースによると、10月16日~11月15日で下記のような数字を達成していました。

  • 月間総PV数 約2億5000万PV 
  • 一人一日当たりの平均ページ閲覧数 約50ページ 
  • 一日あたりの総日記数 約4万件 
  • 一日あたりの総コメント数 約16万件 
  • 平均アクセス率(72時間以内に同一ユーザがアクセスする率) 70.0%

この時期に追加された機能

  • カレンダー新機能「予定を追加」リリース
  • mixiの情報マガジン「mikly(ミクリィ)」を創刊

mixiプレミアムの開始

◇「mixiプレミアム」

概要

mixiプレミアム」は、『mixi』をもっと楽しく便利にご利用頂くための有料オプションの総称で、月額315円 (税込) です。 今回リリースされる機能は下記の4点です。

・フォトアルバム

共有したい写真がアルバムとして作成できます。 アルバムごとに公開レベルが設定可能のほか、閲覧キーで認証をかけ、特定のユーザのみに公開することもできます。アルバムごとにコメントをつけることができるため、写真を通じたコミュニケーションが生まれます。

・簡単日記タグ

アイコンをクリックするだけで、テキストの装飾ができます。 太字、色の変更や、テキスト中のリンク作成など、今まで以上に感情豊かな表現が可能になります。文章の途中で写真をレイアウトすることも可能です。

・アンケート

参加コミュニティ上で簡単にアンケートが実施できます。 集計結果はグラフで表示、途中経過も閲覧できます。 任意でコメント欄が追加できるため、「生の声」に近い解答が収集できます。

mixiバイル メッセージ 「mixiバイル」にメッセージ機能が追加されました。 新着メッセージは、「mixiバイル」のホーム画面で表示され、受信箱、送信箱の中身を閲覧できます。未読、返信済などのステータスも表示されますので、二重送信の心配がありません。「mixiプレミアム」における利用可能な最大容量は、日記が200M、新機能のフォトアルバムが100Mです。

◇「mixiプレミアム」特別お申し込みキャンペーン

概要

mixiプレミアム」を2月28日までにお申し込み頂いたユーザの方に対し、下記の特典を提供します。

・フォトアルバム、日記の利用を大容量にグレードアップ

mixiプレミアム」の日記容量が通常の1.5倍となる300Mまで、フォトアルバム容量が通常の2倍となる200Mまで利用可能です。

・豪華賞品やmixi特製福袋(1名様)が当たる抽選を実施

mixi特製福袋(100名様)やiPod photo(5名様)が当たる抽選を実施。 mixi特製福袋には、この機会にしか手に入らないmixiグッズが詰められ、1名様にはスタッフが直接お届けします。 (郵送も可。海外、離島については郵送)。

・2月末までは無料「mixiプレミアム」

2月28日までの利用は無料です。

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211221612p:plain

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211221714p:plain

この時期のプレスリリース

https://mixi.co.jp/press/2004/1115/15797/

https://mixi.co.jp/press/2004/1130/15796/

https://mixi.co.jp/press/2005/0121/15793/

https://mixi.co.jp/press/2005/0127/15792/

1日20万件の日記が更新!ユーザー数は、約17ヶ月で100万−2005年4月から2005年9月−

日記総数2,900万、コミュニティ数22万

8月のプレスリリースでは、下記が記載されていました。

  • 17ヶ月2週間で100万人のユーザー 
  • 1日約20万件の日記が更新
  • 8月1日現在で約2,900万日記がサイト内に存在
  • コミュニティ数は 225,000
  • 最終ログイン3日以内のアクセス率は約70%
  • ログインしたユーザーひとりが一日に閲覧するページ数は約50ページ

検索機能が追加

  • 過去一週間の書込みを対象 に「mixi日記」と「コミュニティ」上のキーワード検索が可能
  • Web検索も同一ナビゲーションからダイレクトに行うことが可能

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211222655p:plain

この時期のプレスリリース

https://mixi.co.jp/press/2005/0406/15789/

https://mixi.co.jp/press/2005/0803/15785/

70%のユーザーが、最終ログインから3日以内!ユーザー数は300万人突破−2005年10月から2006年3月−

127日間で100万ユーザー獲得、ユーザー数は200万に

ユーザー数100万から200万へ、127日間で到達しています。この時期のプレスリリースには下記が記載されています。

  • 日記総数 約6,200万日記
    (ユーザー数100万人の時点では、約2,900万日記) ※日記数に、外部ブログの数は含まない
  • 一日に更新される日記の数 約36万件
    (ユーザー数100万人の時点では、1日約20万件)
  • コミュニティに立てられたトピック総数 3,278,000件
    (ユーザー数100万人の時点では、1,596,000件)
  • 最終ログイン3日以内 約70%
  • 男:女=52.2%:47.8%

社名を株式会社ミクシィに変更、mixi上には「mixiニュース」を開始。ユーザー数は300万に

この時期のプレスリリースには、下記が記載されていました。

また「mixiニュース」が開始され、今回は取り上げませんが、2016年5月に「mixiミュージック」を開始するなど、mixi上でのサービスが展開され始めました。

  • mixi日記総数:*9,500万 
    (ユーザー数100万人の時点では2,900万日記、200万人の時点では6,200万日記) *日記総数に、外部ブログの数は含まない
  • 「コミュニティ」のトピック総数 4,937,000件 
    (ユーザー数100万人の時点では1,596,000件、200万人の時点では3,278,000件)
  • 最終ログイン3日以内 約70%
  • 男:女=51.1%:48.9%

f:id:daikihirozawagmailcom:20170211224441p:plain

この時期のプレスリリース

https://mixi.co.jp/press/2005/1207/15780/

https://mixi.co.jp/press/2005/1208/15779/

https://mixi.co.jp/press/2006/0126/15778/

https://mixi.co.jp/press/2006/0208/15777/

https://mixi.co.jp/press/2006/0302/15776/

さいごに

mixiはこの300万ユーザーまでプロモーションをほぼ実施せずに到達しています。改めて凄いサービスだなと思いました。

サービスの成長は驚異的すぎて、参考になるのかな....と、思いましたが、プレスリリースに記載している項目など学びがあったような気がします。

他のサービスのプレスリリースも、ゆっくり見ていくのでおすすめがあれば是非教えてください。

TwitterFacebookも更新しているので、是非フォローして頂けると嬉しいです!

Facebook廣澤 太紀

Twitterひろざわだいき@HirozawaDaiki

twitter.com

 

「中古車買取に、最適価格を実現するビジネスモデル」−ガリバー新サービス「クルマ売却プランナー」−

2017年1月12日に、ガリバーの第3四半期決算が出ていました。この第3四半期業績に加え、年始にリリースされていた、新しい中古車買取サービスを紹介します。

以前にも「中古車買取の「ガリバー」の事業モデル-利益率3倍のC向け(小売)サービスへ-」でガリバーを紹介しています。ガリバーのビジネスモデル、特徴などに興味がある方は是非見て下さい!

ガリバーは中長期的には、「自動車は所有するものではなくなる」という前提のもと新規サービスを展開しています。 

今回は直近の決算内容と新サービスの紹介を通して、ガリバーの自動車アフターマーケットへの注力ぶりを紹介します。

四半期業績(平成29年2月期 第3四半期決算短信

四半期決算

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122161604p:plain

売上 191,033百万

営利 4,022百万

四半期純利益 2,047百万

 

国内事業売上 157,796百万

国内事業営利 4,342百万

店舗数

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122154101p:plain

店舗数 521

直営 414店舗

FC 89店舗

その他

買取台数・販売台数

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122154222p:plain

買取台数

2016年3~11月 132,767 台 

2017年3~11月 135,783 台

対前年比 102.2%

買取台数/月 15,087台

販売台数

卸売台数

2016年3~11月 92,025台

2017年3~11月 78,860台

販売台数/月 8,762台

小売台数 

2016年3~11月 52,426台

2017年3~11月 70,225台

販売台数/月 7,802台

IDOM新サービス「クルマ売却プランナー

サービス説明

買い取りより手軽、 下取りより高い、 新しい仕組み クルマ売却プランナーは、 「売却代理」サービスです。

ちなみに、このサービスを本格導入前にトライアルで始めたところ、商談数が1.6倍に伸びたそう。

選べる3つの売却プラン

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160516p:plain

■3つの売却コースについて
①スピード売却:とにかく素早く確実に売却したい方
⇨全国120ヶ所のAA会場の相場から取引価格を算出し、そこから諸経費を差し引いたガリバーでの買取保証金額を提示させていただきます。

②こだわり売却:早く売りたいけど、金額にもこだわりたい方
⇨販売実績No.1のIDOMが国内だけでなく、海外を含む広い販売ネットワークを活用したうえで自社内で売れる一番高い売り先の金額を提示させていただきます。

③じっくり売却:愛車をじっくり売却したい方
⇨IDOMが運営する、C to Cサービス「クルマジロ」を使用し、お客様自身で売却金額を決めて、出品していただきます。消費税もかからない分、買う側にも売る側にもメリットがあります。

売却先:ガリバーの持つ販売チャネル 

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160451p:plain

3つのプランから選択された後は、ガリバーが独自の販売網から売却価格を試算します。

下記で少し販売網を取り上げます。

世界

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160542p:plain

オーストラリアに25、米国4、ニュージーランド1、タイ8店舗ある海外の販売チャネル

日本販売店舗

520店舗以上のネットワーク 

オークション、CtoC

USSなどを始めとした120のオークション会場で販売

まとめ

買取台数は135,783台、販売台数は149,085台。小売販売台数の内訳を仮に新車:中古=2:8とすると中古車の販売台数は135,040台。なので、ガリバーは買い取った台数に対して99%を消化できている。

また、月単位で見てもその消化率は高く、回転率は非常に良くなっている。

利益率の高い小売での独自販売網と確実に買い取った商品を消化する卸売での車両流通フローがを活かし、ガリバーは中古車の供給サイドを徹底的に取得しようとしている。

関連エントリー

中古車買取の「ガリバー」の事業モデル-利益率3倍のC向け(小売)サービスへ

ランニングコストを一定に保ち、収益性を高める「タイムズ」を展開するパーク24(前編)

国内No1のシェア、年間出品台数235万台の中古車オークションを運営するUSSのビジネスモデル

中古車販売店1万社以上と取引する、国内最大級の情報誌「Goo」を運営するプロトコーポレーション

さいごに

自動車アフターマーケットを研究する会」というFacebookグループを運営しています。

興味がある方は参加し、投稿してもらえると嬉しいです! 

参考

・IDOMビジネスモデルまとめ

http://221616.com/idom/wp-content/uploads/2017/01/idom_business-model_j_20170112.pdf

・今期決算資料室

http://221616.com/idom/investor/library

・ガリバー平成29年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1430141

・第3四半期報告書

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2473927

「好きで得意なことをやれ、起業はすべからく商売だ」"近江商人"マイネット上原さん

起業準備をしている方が「マイネットの上原さんの動画(IVS DOJO)をみて、迷いが消えた」という話を聞いて改めて動画を何度もみなおしました。

 

このブログでは当日の動画紹介と上原さんのブログ「近江商人JINBLOG」から個人的に印象に残ったものをいくつか掲載します。

"好きで得意なことをやれ、起業はすべからく商売だ"

当日、リアルタイムで上原さんのお話を聞いていました。

その場でも熱くなる思いがありましたが、改めて動画を見ても凄く刺激を頂けるものです。見たことない方は是非1度見て下さい!

 

動画は上原さんの起業のきっかけから始まります。

志した理由は小学5年生で松下幸之助さんの伝記を読み「松下電気は人をつくる会社です。」このフレーズに大きく影響を受けたそうです。

それから、松下幸之助さんのように”起業=商売”の中で生きていくと決めたそう。

しかし、実際に上原さんが起業された2006年はWeb2.0、"起業=ものづくり"が強い時代でした。

上原さんもサイト作成のサービスやゲーム事業なども着手した中で、「起業してやりたかったことは何か」を見つめ直し、今のマイネットに繋がった学びをお話されています。

 

詳しくは是非動画を見て下さい!

vimeo.com

 

"起業は若いうちの方がよい。大切なことだからもう一度。起業は若いうちの方がよい。起業家には時間が何よりの資産。"

2014年09月23日投稿の「起業おじさんの戯れ言2014」より

イノベーターがモテるのはベンチャーエコシステムの都合であって起業の成否とは関係ない。コントローラーは胸を張って早期に利益を生む事業開発に勤しむべきである。人間、結局のところ自分の土俵で相撲を取るのが一番成功に近い。得意技を捨てるな、といいたい。

学生起業で売却をするコツはごくシンプル。利益を出すこと。事業が何であれ利益があれば値はつく。そこに人手がかかっていなければなおよし。100万円でもいいから、事業に値付けして買ってもらう経験が大きな意味を持つ。

起業は若いうちの方がよい。大切なことだからもう一度。起業は若いうちの方がよい。起業家には時間が何よりの資産。若い起業は時間の資産家。「経験を積んで知識やトラックレコードをつけてから」は言い訳。最速で経験も人脈もつける。学生起業→売却→専門分野を2年で吸収。これがおすすめコース。

"「決断」というのはその課題に向かう熱量が自分の中に溜まりに溜まって爆発お起こすこと"

2011年12月25日「迷ったときは原点に」より

ベンチャーマンはそんな正解のない課題に取り組んでいるのですから迷うことはたくさんあって当然です。近い課題に取り組む先達がいればまず参照するのが正攻法ですが、それでも多くは体系的に解を導き出せるわけではない。時には何度やってもうまくいかずに心折れそうになることもあるでしょう。そんなときにはまず自分の原点に立ち返ることです。原点というのは自分がその課題に取り組むことを「決断」した瞬間の思いです。時にそれは起業を決めた瞬間だったり、就・転職を決めた瞬間だったり、事業を定めた瞬間だったりすると思います。「決断」というのはその課題に向かう熱量が自分の中に溜まりに溜まって爆発お起こすことなので、その瞬間の思いに立ち返ることで迷いを打破する熱量を取り戻すことができます。迷いの多くは熱量が足りずに決められないだけのことだったりしますから。

"創業には通常とは桁違いの熱く強い思いがこもっていますので、起業家のそのテンションの高さが熱病のように周りに伝わっていきます" 

2011年01月17日「起業から30人の会社になるまでに学んだ3つのこと」より

2.1年半の「創業オーラ」を存分に活かすこと創業から1年半程度の期間、起業家には「創業オーラ」が身につきます。変な宗教の話ではありません。創業には通常とは桁違いの熱く強い思いがこもっていますので、起業家のそのテンションの高さが熱病のように周りに伝わっていきます。それが創業オーラです。この時期は起業家の魅力が爆発していますので、周囲からいいお仕事をいただけたり、PRすればあちこちのメディアで取り上げられたり、レベルの高い人材を採用できたり、社内メンバーも期待以上に活躍してくれたりします。でもその効果は徐々に減衰します。起業家自身のテンションは変わらなくても周りのテンションは徐々に通常モードになっていきます。そのギャップに大火傷することもあります。周りのモードが切り替わる前に創業のノリだけではない実力とビジネスモデルを手にしておくことが大事です。

 

"近江商人 「商売の十教訓」"

2004年04月04日「近江商人 「商売の十教訓」」より

近江商人 「商売の十教訓」

一、商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

一、店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

一、売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

一、資金の少なきを憂うるなかれ。信用の足らざるを憂うべし

一、無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

一、良き品を売ることは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

一、紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。つけてあげられるもののない時は、 笑顔を景品にせよ

一、正札を守れ。値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

一、常に考えよ、今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝につかぬ 習慣にせよ

一、商売には好況、不況はない。いずれにしても儲けねばならぬ

 

"後輩の起業家たちに言えることがあるとしたら、「好きで得意なことをやれ」。"

最後は上原さんのTwitter@ueharajin)より引用です。

 

さいごに

非インターネットの上場企業や勉強したことをドンドン発信していきます!

Twitterフォローして頂けたり、メッセージもらえると嬉しいです!

twitter.com

 

 

「ALSOK」を提供する、警備業界2位、3800億円を売り上げる綜合警備保障株式会社

今回は綜合警備保障株式会社についてブログを更新します。

  

綜合警備保障株式会社はセコムに次ぐ、警備業界2位の売上高となっています。

主要サービスには、ホームセキュリティ・防犯対策の「ALSOK」があります。

 

こちらの記事では下記について記載しています。

1)前期業績

2)事業概要、セグメント別業績

3)特徴、気になった点

 

1)前期業績 2016年3月期

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212221133p:plain

 

売上:381,818百万

営業利益:29,036百万

営業利益率:約7.6%

当期純利益:19,397百万円

 

直近では時価総額が461,22百万となっている。

 

2)事業概要、セグメント別業績

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212220846p:plain

①セキュリティ事業

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212222309p:plain

 

セグメントの業績

機械警備 売上:167,132百万

常駐警備 売上:93,904百万

警備輸送 売上:54,694百万

 

②総合管理・防災事業

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212222910p:plain

 

セグメントの業績

売上:54,976百万

 

③介護事業

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212223015p:plain

 

セグメントの業績

売上:7,500百万

 

3)特徴、気になった点

①個人を対象とした警備ビジネス

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212230732p:plain

 

個人を対象とした警備ビジネスでは28,900百万円を売上がある。

 

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212231306p:plain

 

個人向けの機械警備業務を導入件数は375,178件となっている。

 

②介護事業の成長戦略

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212223943p:plain

 

2016年3月期には2012年に立ち上げた介護事業が前年比77.1%で成長している。他事業が5%前後の成長なので、綜合警備保障にとってかなり高い成長率の事業である。

 

f:id:daikihirozawagmailcom:20161212224141p:plain

 

また、2017年3月第2四半期の業績は前年同月比228.2%の高い成長率となっている。

 

急成長の理由はアルビルあんしんケアサポートウィズネット日立セキュリティサービス3社のM&A

 

特にウィズネットは

ウイズネットは埼玉など首都圏で約80カ所運営する認知症対応グループホームや約40カ所の介護付き有料老人ホームなどが強み。売上高は2015年3月期で176億円。

引用:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05HWT_V00C16A4TI5000/

 

これも寄与し、介護サービスの利用者数は約12,000人に及ぶ。

単純計算すると、2016年3月期の売上が約70億、利用者数が12,000人なので平均して単価は約60万となっている。

 

さいごに

普段勉強したことや、活動内容などを積極的にツイートしているので、是非Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

ブログの拡散もどうぞ宜しくお願いします!

twitter.com

 

参考

綜合警備保障株式会社

http://www.alsok.co.jp

・2017年3月期第2四半期 決算説明会

http://www.alsok.co.jp/ir/library/pdf/presentation/event2017_h_3.pdf

・2016年3月期 決算説明会

http://www.at-group.jp/ir/mt_item/ir/08_06_br_web_2806.pdf

 ・統合(アニュアル)レポート2016年3月期

http://www.alsok.co.jp/ir/library/pdf/annual/jpn/01_2016.pdf