ひろざわだいきblog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろざわだいきblog

主に上場企業の決算などから、事業内容、業績、ビジネスモデルの勉強を目的に発信しています。 最近は、リユース事業に感心を持っています。リユース事業のビジネスモデルや、市場規模の大きな領域について調べています。

盛り上がる関西、学生起業家。−地方から上京する支援をしていきます−

盛り上がる関西、学生起業家。−地方から上京する支援をしていきます−

f:id:daikihirozawagmailcom:20160628232634j:plain

写真:TECH LAB PAAKにてピッチをするFlamingo金村氏

 

本日、現役学生起業家の留田紫雲さんがメタップスへ「VSbias(ブイエスバイアス)」をバイアウトしたというリリースが出ていました。

リリース:http://www.metaps.com/press/ja/313-vsbias

インタビュー:http://careerhack.en-japan.com/report/detail/693

 

「関西の大学に在籍する学生起業家のバイアウト」は、大学生にとってとてもインパクトの大きなものだと思います。

留田さんは昨年から上京してインターンをしたり、様々な場所へ訪問してメンバーを探したりと積極的に活動されていました。

 

留田さんの活躍を見て、関西からも起業を志す学生が増えるんじゃないかと思います。

 

資金調達をして活躍する関西の学生起業家まとめ

①スタートアウツ板本氏(@itamoto_)

分散型動画メディア「もぐー」を運営。

最近も資金調達をして注目を集めています。

代表の板本氏が起業した際は、大阪大学2年生でした。その後、上京しシェアハウス、シェアハウスに入居し、スタートしています。

参考:http://jp.techcrunch.com/2016/07/29/moguu-startouts/

 

②エズモム朴氏、高橋氏(@yskinjpn)

ゲーマーの知りたいニュースを掲載しているポータルサイト「Gamenote」を運営。

共同創業の二人共大阪大学に通っていました。CEOの朴氏は1年生の際に大学を中退し、有名インターネット企業にてインターンを経験しています。

参考:http://www.co-media.jp/article/19442

 

③ラブグラフ駒下氏(@komage1007)

カップルや夫婦、家族のデートに同行し写真撮影を行うサービス「Lovegraph [ラブグラフ]」を運営。

代表の駒下氏は関西大学在学中に起業されています。先日、シェアオフィスから移転もされています。ご移転おめでとうございます!

インタビュー:http://bb-relife.jp/interview/it-web/3541

④Flamingo金村氏(@wilshar10)

カフェで気軽に外国人と語学レッスンができるスマートフォン向けアプリ「フラミンゴ」を提供。

代表の金村氏は現在も立命館大学の院生です。創業初期は大学内のインキュベーション施設を中心に活動され、先日京都に独立オフィスを持ちました。

また、4月には資金調達もされています。

参考:http://thebridge.jp/2016/04/flamingo-seedround-raised

 

⑤株式会社Traimmu高橋氏

インターンシップの募集採用サービス「InfrA(インフラ)」、学生の視野を広げるメディア「co-media(コ-メディア)」を運営

代表の高橋氏は大阪大学在学中に起業しています。

2016年7月には4,000万円の追加資金調達をされています。

参考:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000015543.html

 

⑥Popshoot大山氏(@alwaysneet) 

友人間のお金のやり取りを管理するアプリです「CashD(キャッシュディー)」を運営

代表大山氏は現役同志社大学の学生起業家です。

参考:http://logmi.jp/118129

 

住む場所がない、相談しに訪れる場がないことが上京の難しさ

f:id:daikihirozawagmailcom:20160804185832p:plain

出展:https://enechange.jp/articles/student-living-cost-allowance

 

これによると、月10万ほどの生活費は少なくとも必要です。また、合計約12万円のうち、最も大きな支出が家賃です。

恐らく、上京したくても出来ない地方の大学生にとって最大の壁は「家賃」、つまり住む所です。

 

私も関西から上京時、片道2,000円の夜行バスで東京へ来て、友人の家に泊めてもらったり、1泊2,000円のカプセルホテルに1週間ほど滞在していました。

 

また、地方学生によってはインターン=無給と考えている方も多く、「収入が得られない」かつ「住む所がない」という理由で諦めている大学生が多いのかと思います。

 

地方から上京してスタートアップにコミットしたい学生は連絡してほしい。

 

先日、関西の大学から上京してスタートアップで働くことを決めた方にシェアハウスを紹介しました。

上京の壁が少しでも低くなるように、家問題をドンドン解決していければと思っています。

 

また、インターンする場が決まっていないという方も是非連絡を貰えればと思います。

渋谷道玄坂にある「#HiveShibuya」には日本一スタートアップやスタートアップを志す方が集まっています。

 

「#HiveShibuya」を通して、スタートアップにコミットし、結果的に会社から家も提供してもらっている方もいます。

 

私も地方からの上京組として、半年から1年以上フルタイムでコミットする気合の入った方にはサポートしたいと思います。

 

また、Skyland Venturesでは地方学生を対象に、1週間で1つプロダクトを作るサマープログラムも開催しています。

 

 

さいごに

地方からも起業家が1人でも多く輩出されることを目指し、「Skyland Ventures Campus」という学生向けMeetupを定期的に開催しています。

 

現在までに、大阪、京都、筑波、名古屋で開催しています。今後は東北、北海道で企画を進めています。こういった活動についてもドンドン発信していきますので、是非Twitterをフォローして下さい

twitter.com

 

 

また、最初にも記載した留田さん、改めてバイアウトおめでとうございます!