ひろざわだいきblog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろざわだいきblog

主に上場企業の決算などから、事業内容、業績、ビジネスモデルの勉強を目的に発信しています。 最近は、リユース事業に感心を持っています。リユース事業のビジネスモデルや、市場規模の大きな領域について調べています。

「中古車買取に、最適価格を実現するビジネスモデル」−ガリバー新サービス「クルマ売却プランナー」−

2017年1月12日に、ガリバーの第3四半期決算が出ていました。この第3四半期業績に加え、年始にリリースされていた、新しい中古車買取サービスを紹介します。

以前にも「中古車買取の「ガリバー」の事業モデル-利益率3倍のC向け(小売)サービスへ-」でガリバーを紹介しています。ガリバーのビジネスモデル、特徴などに興味がある方は是非見て下さい!

ガリバーは中長期的には、「自動車は所有するものではなくなる」という前提のもと新規サービスを展開しています。 

今回は直近の決算内容と新サービスの紹介を通して、ガリバーの自動車アフターマーケットへの注力ぶりを紹介します。

四半期業績(平成29年2月期 第3四半期決算短信

四半期決算

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122161604p:plain

売上 191,033百万

営利 4,022百万

四半期純利益 2,047百万

 

国内事業売上 157,796百万

国内事業営利 4,342百万

店舗数

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122154101p:plain

店舗数 521

直営 414店舗

FC 89店舗

その他

買取台数・販売台数

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122154222p:plain

買取台数

2016年3~11月 132,767 台 

2017年3~11月 135,783 台

対前年比 102.2%

買取台数/月 15,087台

販売台数

卸売台数

2016年3~11月 92,025台

2017年3~11月 78,860台

販売台数/月 8,762台

小売台数 

2016年3~11月 52,426台

2017年3~11月 70,225台

販売台数/月 7,802台

IDOM新サービス「クルマ売却プランナー

サービス説明

買い取りより手軽、 下取りより高い、 新しい仕組み クルマ売却プランナーは、 「売却代理」サービスです。

ちなみに、このサービスを本格導入前にトライアルで始めたところ、商談数が1.6倍に伸びたそう。

選べる3つの売却プラン

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160516p:plain

■3つの売却コースについて
①スピード売却:とにかく素早く確実に売却したい方
⇨全国120ヶ所のAA会場の相場から取引価格を算出し、そこから諸経費を差し引いたガリバーでの買取保証金額を提示させていただきます。

②こだわり売却:早く売りたいけど、金額にもこだわりたい方
⇨販売実績No.1のIDOMが国内だけでなく、海外を含む広い販売ネットワークを活用したうえで自社内で売れる一番高い売り先の金額を提示させていただきます。

③じっくり売却:愛車をじっくり売却したい方
⇨IDOMが運営する、C to Cサービス「クルマジロ」を使用し、お客様自身で売却金額を決めて、出品していただきます。消費税もかからない分、買う側にも売る側にもメリットがあります。

売却先:ガリバーの持つ販売チャネル 

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160451p:plain

3つのプランから選択された後は、ガリバーが独自の販売網から売却価格を試算します。

下記で少し販売網を取り上げます。

世界

f:id:daikihirozawagmailcom:20170122160542p:plain

オーストラリアに25、米国4、ニュージーランド1、タイ8店舗ある海外の販売チャネル

日本販売店舗

520店舗以上のネットワーク 

オークション、CtoC

USSなどを始めとした120のオークション会場で販売

まとめ

買取台数は135,783台、販売台数は149,085台。小売販売台数の内訳を仮に新車:中古=2:8とすると中古車の販売台数は135,040台。なので、ガリバーは買い取った台数に対して99%を消化できている。

また、月単位で見てもその消化率は高く、回転率は非常に良くなっている。

利益率の高い小売での独自販売網と確実に買い取った商品を消化する卸売での車両流通フローがを活かし、ガリバーは中古車の供給サイドを徹底的に取得しようとしている。

関連エントリー

中古車買取の「ガリバー」の事業モデル-利益率3倍のC向け(小売)サービスへ

ランニングコストを一定に保ち、収益性を高める「タイムズ」を展開するパーク24(前編)

国内No1のシェア、年間出品台数235万台の中古車オークションを運営するUSSのビジネスモデル

中古車販売店1万社以上と取引する、国内最大級の情報誌「Goo」を運営するプロトコーポレーション

さいごに

自動車アフターマーケットを研究する会」というFacebookグループを運営しています。

興味がある方は参加し、投稿してもらえると嬉しいです! 

参考

・IDOMビジネスモデルまとめ

http://221616.com/idom/wp-content/uploads/2017/01/idom_business-model_j_20170112.pdf

・今期決算資料室

http://221616.com/idom/investor/library

・ガリバー平成29年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1430141

・第3四半期報告書

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2473927